日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


○軸心見透し後、ボーリング中は、軸心の狂いを招くような熱処理、水張り、重量物の搭載は行なうべきではない。

○推進軸の軸心と舵軸心が交叉するように両方の軸心を設定するのが理想であり、許容誤差は5m/m位である。

○ピアノ線使用の場合は、細いものを強く張り、しかも垂れ下りを考慮する。軸系工事の種類と日程の例を第5.3表に示す。

097-1.gif

5.6 キール見透し

船底見透し、キールサイトともいい、キールの上下の凹凸を調べることをいう。キールの中心線の凹凸の平均を取ってべ一スラインを設定するために、見透しを行う。キールラインを直線に保つことは、船型保持の基本であり、盤木作業、船底ブロックの建付け時から、直線を目差して、管理されなければならない。直線に建付けても、継手での折れ、船体重量の分布の違い、盤木の圧縮、気温の変化等により、建造中には上下の変化を生じるものである。局部的に変化した船底を修正するのは困難であり、早目に盤木の凄め方、増緩め増設等により変化を防止しなければならない。

キール見透しは毎週一定の日時に行うべきである。進水直前の最終見透しは、全水圧試験完了後、船内に浅水のない状態で、船底と上甲板での気温差の少ない夜に行われるのが一般である。見透しの結果が直線になるのが理想であるが、一般には凹凸曲線が得られる。この曲線の平均が

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
1,079,164

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から