日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


第5章 船台作業  

5.1 船台作業の概要  

 船台作業の中心は次の三つである。  

(1)盤木及び進水作業  

(2)ブロックの建付け及び取付け作業  

(3)溶接作業  

  船台作業には他の先行工程に比べて種々不利な特殊性がある。  

(1)取り扱う対象物が形状、重量ともに大きい。(ブロック単位)  

(2)船殻の最終仕上げ工程であり、関連職種が多種多様である。  

(3)船型保持が他に比べて難かしい。  

(4)作業環境が他の工程と大きく異なる。  

 (a)屋外作業であり、気象条件に大きく影響される。  

 (b)高所、狭隆作業が伴ない不安定要素が潜在する。  

 (c)作業姿勢が一定でなく、能率上、精度上不利である。  

 (d)船台傾斜があり、かつ不安定な盤木上での作業である。  

(5)日程、人員配置等ち密な計画、管理を必要とする。  

(6)熟練した作業者を必要とすることが多い。  

(7)作業場が広く、工事進捗度が具体的に握みにくい。  

 船台工事の基本は“船型保持”であり、管理の基本は“日程計画を守る”ことである。そのためには、人員、材料、環境、タイミング、精度等が管理の対象となる。  

 船台作業を進めるにあたって常に留意しなければならない点を挙げる。  

(1)船型保持を第一条件とする。  

(2)ブロック搭載後、建付け、取付け、溶接と即座に行う。  

(3)艤装工事との関連性、タイミングに配慮する。  

(4)諸種の検査に合わせて区画ごとに纏めて行く。  

(5)安全第一とし、作業環境(足場、照明、換気等)に留意する。  

(6)工事進捗及び、人員配置状況を毎日把握すること。  

5.2 船台準備作業  

 船台準備作業とは位置出し及び盤木作業をいう。  

(1)船体据付け位置の位置出し

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
1,099,325

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から