日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


レールの上にのって、直線を切るためのもので、手で持ち運びのできるものをいう。

(ニ)フレーム・プレーナー

精度の高い直線切りを行うためのもので、自動溶接を行う材料の切断には必要なものである。通常、トーチブロックとして、火口を8本から4本まとめて配置し、あらゆる開先が一度で切れるようにしてある。この種の機械に、直線切りのトーチを多数つけて、同時に多数のF.B.を切る機械もあり、これを通常平行切断機といっている。

(ホ)型切切断機

複雑な形状の部材を自動的に切るためでこれには、その倣い形式により次のようなものがある。

(a)マグネット・トレーサー

金型をつくり、磁石がそれに従って動くもので、比較的小物(ピース等)を切断するのに使われる。(b)光電量式

1/10または1/1等のフィルム等に描いた図形の輪郭をたどって、切断火口は、その動きを追従するものをいう。

(c)数値制導式,電子計算機の発達により、切断火口の図形を数値で与えることができるようになった。テープ等で命令を与え、切断する。

3.3.3 ガス切断の機構

鋼材のガス切断は、予熱焔によって部材を熱したところへ、酸素を吹きつけると、鋼が酸素と化合して燃える。この温度は約1350℃位であって、この結果できた酸化物は、この温度では、溶けて流れやすい状態となっている。この流れやすい酸化物に対して、高速の切断酸素を吹きつけて、吹きとばすのである。即ち、鋼が溶ける温度(1,500℃前後)に比べて、燃焼温度が低く、できた酸化物の溶ける温度がそれよりも低いということが、鋼がガス切断できる理由である。例えばアルミニウム合金等は、“溶接工作法”付録で述べるように酸化物の溶ける温度が、アルミニウム自体の溶ける温度より高いために、ガス切断が適用できないのである。ガス切断は次のような反応が種々入りみだれている。反応式は次の通りと考えられる。

047-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
1,099,325

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から