日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


の、丸焼きの叩き曲げから、線状加熱の手法が広く取り入れられ、最近はまた、強力な油圧を主としたプレス作業がより高度に研究されている時代である。

 設備に関していえば、罫書に電子写真の焼付の原理によるEPM系統の機械や、電子計算機の発達に伴なう数値制御のガス切断機が一部実用化に入り、運搬手段にしても、クレーンを主体とする方法から、コンベアーを主体とするように変りつつあり、船殻各工程に比較して、現在、最も変革期にあるのが加工ステージである。従って、常に、最新のニュースを知るように心がけておくことは必要であるが、新しいものを急いで、取り入れることは、よく情勢を見極めてからにすべきである。

 

3.2 罫書という作業の性質

3.2.1 罫書作業における注意事項

  具体的な注意点とその説明については、”小型鋼船建造要領”を参照してもらうとして、次の三つの事項が、罫書作業における本質である。

 (1) 鋼材の歩留まりを上げる。

 (2) 工事要領をはっきり決める。

 (3) 精度を重視する。

  鋼材は船体に使用する材料のうちで、価格の高いものであるから、同じ船を作っても、沢山の鋼材を使用する程、造船所の利益は低下するので、上手に板取りをすることである。

  伸ばし要領、罫書面等、後々の行程で影響するものが決められる。

  罫書いた線一本を頼りに、後続工程は船殻を組んで行くのだから、罫書いたとおりに船ができ上ると考えなくてはならない。船殻の誤作の大きな部分が、罫書作業において発生する。それは、後続の工程で、小組材とか、ブロックになってはじめて、不具合が発見されるからである。即ち、罫書線だけでは、他にチェックのやりようがないということを示している。

 

3.2.2 建造要領の引出し

  先に述べたように、罫書作業においては、後の工程の取合状況を考えて、伸ばし等を決めねばならないので、従来は、船台の取付工のように、現場の様子のよくわかっているものが罫書作業を行ったのであるが、今後は、他の手段で、罫書に対する指示事項を決めねばならない。

 普通、工事量が多いところでは、カッティング・プランという形式で、1枚の鋼材にどの部材とどの部材を取り合うか、またその個々の部材の伸ばしは、どのようにするかを指示するが、ここで肝心なことは、カッティング・プランを作るということではなくて、そのような指示内容が明確に決められているかどうかということである。

  従って、管理、監督者は、加工を始める前に、この船は、どのような要領で、建造するかを

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(29,129成果物中)

成果物アクセス数
1,105,533

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から