日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


第2章 現図


2.1 現図作業の概要

現図作業は設計図から鋼材の上に罫書くための型板を作る作業であり。次のように何種類かにわ、考えることができる。

(1)線図作業      (2)外板の展開作業

(3)内構材の展開作業   (4)曲げ型の製作

(5)内構材の型取り作業  (6)その他の作業(船名文字や鋳物図)

設計図では、はっきりしない取合状況をはつさりさせたり、不具合点を訂正するのも現図作業である。普通設計図上で、発見でさないというのは、縮尺になっているためてあり、縮尺では・板厚だとか、逃げの状態がわかりにくいものである。現寸て描いてみて、種々な状態がわかるのであるから、現図工は、単に、設計図を現尺に引さ伸ばして型を作っているのでは、意味がない。現尺に引さ伸ばした上で、その部分の取合が頭の中に描かれなくてはならない。即ち型を作るときは、その面と、直角に交わっている面がどうなっているかを常に考える力を持たねばならない。

 次に現図作業について注意しなければならぬことは、準備期間が比較的長くかかるということである。線図のフェアリングからはじめて、型取り作業のときには、場所が制約される点から余り多数の人数もかかることができないし、また一つのブロックを数人の現図工が行うということは、部材の取合上で、まちがいをおかしたり、型を作っていない部材が出たりするのでさけた方がよい。加工等とちがって、できた型が、片っ端から、罫書がでさるものではない。型は1ブロック分作り終えたときは、全部を並べて、誤作がないかどうか、取合状況を確認するのが通常の作業手順だからである。

現図はは、型定規を作って、罫書以降の工程に作り方を指示するのであるから、常に、現場からの問い合わせに対しては。答えられる体制になければならない。そのため、通常は、船が完成するまで、現図場の工事用線図は消さないでおいておく。


2.2 線図作業

線図作業における線図作業というのは。工程用正面線図を作ることであって、次の段階にわかれる。

(1)設計図のオフセット・テーブルの位置を現尺に直してつける。

(2)現尺において.オーディネイトのフェアリングをする。

(3)フレーム・ラインの割り込みをする。

(4)ランディング(シームライン)を決定して書き入れる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
1,072,231

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から