日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


1.2.7 船殻工事の職種と仕事

一般に鋼船建造においては次の職種が必要である。

(1)現図、罫書(マーキングともいう)

(2)ガス関係、ガス切断、板曲げ、曉鉄、歪み取り、ガス溶接

(3)鉄工関係 取付け、計測(ブロックの位置決め)

(4)木工関係 盤木、進水関係。計測(位置出し)

(5)電気関係 電気溶接、アーク・エアーガウジング

(6)空気関係 ハツリ。グラインダー、孔明け、鋲打ち、水圧試験、ホーステスト

(7)整備関係 足場作業、玉掛け、クレーンやウインチ等の運転、動力源

(8)サービス関係 高圧電源及びガスの取扱い、工具の保全。消耗品等の管理

上記のごとく多種多様であるが、関係職種内で可能な限り多能工化することが望ましい。

1.2.8工事量の把握

これから建造する船の工事量はどの位あるか、それぞれの職種に適した項目で、事前につかんでおく事が大切である。これは実行予算の見積りから始まって、日程計画や人員投入計画等、すべての計画の基礎となるので”管理量”とも呼ばれ、通常次の三項目がある。

(1)鋼材重量:船殻全体の重量で、加工、組立、船台の各工程の管理量として使われるが、特に初期の船殻全体での検討時に使われる。

(2)切断長:船殻部材の切断される長さで、マーキング、切断作業に使用される。

(3)溶接長:船O金体の溶接する長さでこれには溶接される実際の長さの他に、Bl(べ一ターエル)と云って、溶接姿勢や脚長の大小による溶接時間の違いを加味した長さがあり、いづれも、溶接職種の管理量として使用される。

1.2.9 計画工数

建造に先立って、船殻工事の予定をたてる必要がある。つまり”この工事をどの位の時間でやるか”をきめる事で、計画工数をきめると云う。

 計画工数をきめるためには。仕事の量(工事量)と、その仕事をどの位の速さで消化するかという能率をつかんでおく必要がある。前者が1.2.8で述べた、鋼材重量、切断長、溶接長であり、後者はそれに対して、鋼材1トンあたり何時間かかるか(H/T)、1時間に何メートル溶接できるか(M/H)等の能率の事である。計画工数は仕事を管理するうえで大事な指標であるので、各ステージ単位ごとに出しておく事が必要である。すなわら、

(1)船殻全体としての計画工数

(2)各工程(加工、組立、船台)ごとの計画工数

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
1,055,586

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から