日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


1.1.3 ブロック分割の検討

 詳細設計を始める前にブロック分割を行うとよい。建造における工事の難易度の大半はブロック分割の仕方による。ブロック分割は云わばその船の建造方針でもある。一般配置図、中央横断面図等を基に、その工場のクレーン能力等の設備、技量程度を十分考慮して、技術者の意図が表現されたブロック分割でなければならない。それと同時に大まかな搭載順序、コッキングダウン施工箇所とその量、伸しの量も決定して、これらを全て詳細設計図に取り込み、工作図も使用できるような図面にすることが理想的である。

 

1.1.4 ブロック分割

 ブロック分割は、ブロック建造法の基本である。分割方法、建造法等は各々の造船所の設備と諸条件に最適のものでなければならないが、ブロック分割に当っては、一般に次の点を基本として行う必要がある。

(1) クレーン能力とリーチ及び楊程の関係:第1.1図に示す。

(2) 定盤の広さ:ブロックの長さが定盤寸法の90%内外が効率がよい。

(3) ブロックとしての形状が保てる構造とする。:船首尾は外板、隔壁、甲板を含んだ立体ブロックが理想である。

(4) ブロック反転作業が可能であること。

(5) 船台上での上向き、立向き溶接を可能な限り減らすこと:小組、大組、仙台での作業能率の比は5:3:1である。

(6) 購入材料の長さ、幅寸法をそのまま生かせるブロック寸法とする:一般に使用されている規格材料をそのまま生かすと、鋼材の歩留りは良くなる。

(7) 狭隘場所、高所でのブロック断手はなるべく避けること。

(8) 仕事量が多くて、建付けの容易な点を搭載起点とする。:仕事量の最も多い機関室首部を搭載起点とするのが一般である。隔壁もあり、外板の建付けも容易である。(第1.3図)200GTがたのブロック分割の一例を次に示す。中央横断面図のブロック分割(第1.4図)外板ブロック分割(第1.5図)船底外板ブロック分割(第1.6図)上甲板ブロック分割(第1.7図)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(28,631成果物中)

成果物アクセス数
1,054,028

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月18日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から