日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




検査、据付リーマボルトの打込み検査、それに中間軸との軸心検査、クランク軸デフレクション検査、据付ボルト貫通部の水密試験などがある。


(5)フラッシング

一般的なフラッシングの検査としては、潤滑油系統のこし器の検査、燃料系統のこし器の検査それに空気系統のエアー吹かし検査などがある。


(6)通水、通油及び通気試験

フラッシング終了後、冷却水系統の水通しを行い各都に漏れがない事を確認する。さらに水通しが良好であれば潤滑油を通油して油漏れのないことを、また空気系統には空気を通して同様に漏れがないことを確認する。


(7)保護装置の確認

船主監督立会いのうえ、危急停止装置、警報装置及びインターロック装置の作動など保護装置の確認を行う。またこの保護装置の調整と確認はできるだけ主機が停止状態で行うことが望ましい。

(a)危急停止装置

加速度、潤滑油圧力低下、カム軸潤滑油圧力低下、冷却清水圧力低下、過給機潤滑油圧力低下、冷却清水温度過昇などの危急停止装置がある。加速度危急停止装置は主機を運転し設定回転数より低い回転数で作動を確認するが、他のものについては主機停止の状態で行うのが普通である。

(b)警報装置

危急停止に含まれるもののほか、燃料弁冷却油(水)圧力低下、冷却海水圧力低下、遠隔装置油圧ポンプ出口圧力低下、ピストン冷却油(水)出口温度過昇、主要軸受温度過昇などの温度、圧力に対する警報装置、また特殊なものとしてはクランク室オイルミスト過多などがある。これらの作動が各設定値においてて確実に働くことを確認する。

(c)インターロック装置

遠隔装置での操縦時、特に重要なものはある一定の条件でなければ操縦できないようにしたものが多い。それらが確実に働くことを確認する。


2.2.4 ボイラ

(1)製造中の試験及び検査

ボイラは高温かつ高圧の特殊な圧力容器であるために、特に材料や溶接についての検査が多い。また水圧検査、ボイラチューブのための穴明け検査などもある。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
429,208

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から