日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




機台の位置出しを行なえる。
(b)罫書きを行う時点は、船体塗装時期と重なることが多いが、この場合は、マーキングを消されないよう及び前述の補機会の溶接性のために、マーキング上に紙テープを貼り付けておくのがよい。

(c)外板、隔壁、あるいは傾斜の強い船台上に、補機会を積込む場合は、すべり止めとして、罫書きカ所の下部にストッパを取付けておくと良い。

(d)補機台は、正規の取付け状態に玉掛けをを行い、積み込むように注意する。

328-1.gif

(e)台の水平は、船台定規及び水準器を使用する。

またガス切断を行った場合は、そのバリをよく除去する必要がある。なお、大きな船体の歪みを残したまま取付けると、後から歪取りができないので、マーキング前に歪取りをしておかねばならない。

(f)内外面の溶接脚長は P157 表2−1を参考に決める。

溶接終了後、補機台及び内部の仕上げ塗装を行った後、補機の積込みを行う。



1.2.3 補機の積込み、据付

(1)補機積込み

(a)特に外板に楠機を取付ける場合には、補機会の溶接の完了を確認しておく。

(b)青空での積込みが原則であるが、やむを得ず、引き込みをする場合には、十分な強度を持ったアイプレートなどを搬入経路に取付ける必要がある。

(c)玉掛けにあたって、補機番号(同種の補機のある場合)、首尾方向、取付け位置に注意しなければならない。

(d)台上面まで搬入したら、ガイド棒等を使用しながら降ろし、位置出しを行う。台と補機の脚に隙のある場合は、無理をして締付けず、鋼板や銅板のライナの挿入を考えること。

(e)機器付きの圧力計、コック類、水面計等は、破損せぬよう木板等で保護をして積込むべきであるが、造船所の経験で艤装中に破損する恐れのある場合は、積込み前にあらかじめ取外す方がよい。

なお、造船所の省力化を計るため、圧力計盤を補機に取付けて入手することが多いが、この場合、取付け高さ、向きをメーカと十分協議しておく必要がある。

(2)一般補機の心当し

心が狂う原因としては、





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
427,173

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から