日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




2.3.2 圧縮空気装置

圧縮空気装置は、主機やディーゼル発電機の始動用、また減圧して制御用空気、エアホーンや雑用にも用いられる。その装置は、空気圧縮機より空気だめに至る充気系統、空気だめより主機や主発電機に至る始動系統、及び空気だめより減圧して使われる減圧系統よりなる。消費空気の補充用としては、常に主空気圧縮機を使用する場合と、通常航海中は補助空気圧縮機を使用する場合とがある。また制御用空気装置を別系統として設ける場合もある。

これらの圧縮空気装置では、通常次の操作を遠隔又は自動制御としている。

1.空気圧縮機の自動発停

2.空気圧縮機の自動切替

3.空気ため始動空気元弁の遠隔開閉

4.空気ためドレン弁の遠隔開閉

これらは自動化の程度に応じて、その一部又は全部が採用される。


2.3.3 冷却水装置

冷却水装置は、海水冷却系統と清水冷却系統とに分けられる。

海水冷却系統は、ボンブにて海水吸入口より海水を吸引して、潤滑油冷却器、清水冷却器(ジャケット、ピストン、燃料弁など各冷却用)、空気冷却器、中間軸受などを冷却して船外に排出する。

清水冷却系統は、さらにジャケット冷却系統、ピストン冷却系統、燃料弁冷却系統などに分けられるが、主機の形式によってはピストン冷却を潤滑油で行ったり、燃料弁冷却を燃料油で行ったりするものもある。これらの系統は主機の形式により幾分異なるが、おおむねポンプで主機−冷却器−タンクの間を循環させる。ただし、ジャケット冷却水はタンクに戻さず、膨張タンクとして循環系統の外から一定のヘッドをもたせる方法としている。

これらの冷却水装置では、通常次の操作を遠隔又は自動制御としている。

1.冷却水ボンブの遠隔発停

2.冷却水ポンプの自動切替

3.冷却清水温度の自動調節

4.冷却水膨張タンクの自動補給

5.冷却海水温度の自動調節

これらは、自動化の程度に応じてどの系統も採用される。

(1)冷却水ボンブの遠隔発停





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
426,558

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から