日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




機関の操作ハンドルをリンク、ワイヤ、歯車などの機械的伝達機構を介して遠隔操作する方法で、機構が簡単であり故障も少ない。

(2)電気空気式

機関の操作ハンドルを、圧縮空気を動力とした空気シリンダ、エアモータにより駆動し、それらの制御に電磁空気弁などを使用して電気的に遠隔制御する方式と、機関の操作ハンドルを駆動することなしに、機関付ガバナーモータ及び始動空気電磁弁群を直接遠隔操作する方式とがある。

(3)電気油圧式

機関の操作ハンドルを油圧シリンダ、油圧モータにより駆動し、それらの制御に電磁油圧弁などを使用して電気的に遠隔制御する方式であり、機構は複雑になるが制御性が良く、駆動力も大きい。

(4)電子式(全電気式)

機関の操作ハンドルをモータ、電磁クラッチなどにより駆動し、それらを電気あるいは電子的に遠隔制御する方式であり、調整がやや難しいが制御性が良く、また自動化を組込むことが容易である。

これらの方式にはそれぞれの特徴があり、使用目的により単独に、あるいは一部組み合わせて使用するが、使用範囲にもおのずと限度がある。すなわち(1)の機械式は単に機側ハンドルを延長させて遠隔操作するに過ぎないものが多く、小型船における遠隔操作及び大型船では機側と比較的近距離にある制御室からの遠隔操作に使用する。(2)、(3)、(4)は1個のハンドルあるいはつまみを所定位置に進めるか又は所定の押ボタンを押すだけで、あらかじめ設定されたプログラムにより所定の負荷まで自動運転を行う全自動式が多く、大型船の機関制御室操縦や機関室無人化船の船橋操縦に使用できる。

また、船橋で航海士が操縦装置を操作することを考慮して、機関操作機能に加えてねじり振動自動回避装置、重要部の圧力や温度の異常時における自動減速装置、自動停止装置、その他の各種安全インタロック装置が機関遠隔操縦装置に含まれることも多い。ディーゼル主機リモコン概略図を図2.2.1 に示す。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
428,208

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から