日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




1.4.2 機関室の船体構造

機関室全体装置の決定に当り、まず第一に考慮しなければならない船体構造については、与えられた広さの中に、単に諸機器を配置するだけでなく、船体部と十分協議をして、機関部としての要求をできるだけ通してもらう必要がある。船体部との関係は、詳細設計の段階になってからも種々問題となる点は多いが、その中でも主要なものについて簡単に説明する。

(1)機関室の大きさ

機関室は諸機器の保守、点検及び配管を考慮した上で、極力小さくするように努力すべきである。

(2)機関室囲壁

現在では船尾機関が多く、また居住区も船尾部配置が多いため、次の点を考慮の上、船体部設計と協議し決める必要がある。

(a)諸機器の積込み、搬出が可能なこと。

(b)主機など諸機器の開放が可能なこと。

(c)梯子、通風路などの配置が可能なこと。

(d)燃料などの大型タンクの配置が可能なこと。

(e)排ガス管、煙路などの導設が可能なこと。

(3)天窓

機関室の採光、通風、機器補修部品の積込みなどのために天井に天窓か機器搬出入口を設ける。

(4)機関室内台甲板

台甲板を設ける船では、その部分の上下の高さが非常に厳しくなることがある。その高さは、機器の保守、点検を阻害しないで、床、天井の配管を考慮した上で、通行に不便にならないようにする必要がある。

(5)二重底

二重底にタンクを持つ場合、主床と二重底タンクトップの間の高さは、床板下の配管などの関係からできるだけ高くとり、したがってタンクの高さはできるだけ低い方が望ましいが、タンク内の作業を考慮し、船体部設計と十分協議して決める必要がある。

(6)その他

ピラー、ビーム、ガーダ、スチフナなどの船殼構造物は、諸機器の配置と干渉することが多いので、できるだけ諸機器の配置に合わせるよう船殼設計と協議する必





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
426,558

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から