日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




1.1.3 発電装置

船は陸上から隔絶して航海するので、船内に発電装置をもたなければならない。発電機は船内の電動補機、照明、通信、航海計器、その他すべての電力をまかなうものであり、船の運航にはもちろん安全上からも欠くことのできないものである。

一般に、航海時あるいは荷役時に使用するものを主発電機といい、それ以外に船の停泊時又は非常時における安全の目的で、補助あるいは非常用発電機を設置することもある。

電源としては直流と交流の2種類があり、かっては速度制御する必要のある直流電動機を備えていたために直流電源が多く用いられていたが、現在ではその問題も解決され、ほとんどの船に三相交流電源が使用されている。



1.1.4 補機器

主機以外の機器を総称して補助機械(略して補機)といい、その種類、形式や数、組合わせは、船の種類や大きさ、主機の形式により大きく異なってくる。

近年はIM0等により、海洋環境に配慮した機器の搭載が義務づけられてきており、機関部としても大きな関心を持っておく必要がある。

補機には発電機、補助ボイラ、各種ポンプ類、空気圧縮機、油清浄機、進水装置、池水分雌器、冷却器、加熱器、通風機などがある。また、それらの中で特に主機の運転に直接必要とする補機を推進補機あるいは主機関連補機と呼び、その他の補機を一般補機又は雑用補機と呼ぶことが多い。



1.1.5 諸管装置

機関部の諸装置は、主機や補機が機関部のブラントとしてうまく結合し、機器がその能力を十分に発揮できるようにするほか、乗組員の作業性や居住性を向上させたりするためのものである。

それらの中には配管装置のほか、交通装置、通風装置、タンク装置、排ガス管及び煙路装置、機器揚重装置、保温及び防熱装置などがある。



1.1.6 機関都の自動化

近年、経済性の追求と技術革新により、船の各部においてさまざまの自動化が採用されている。これにより乗組員の合理化もなされ船内労働条件の改善、安全性の向上にも大きく寄与している。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
435,442

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から