日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




(a) コーミングの高さは規則で決められた寸法が確保されているかどうか確認を要する。特に甲板との切り合わせ時に注意すること。

(b) 蝶番の方向は波の来る方向、すなわち船首側あるいは舷側とする。(通行上やむを得ない場合を除く。)

(c) 取付完了後チョークテストを行い、パッキン当りを十分調整の後ホーステストを実施する。

(2) 房

水密すべり戸、風雨密戸、非水密戸等の種類があるがいずれも取付壁面の歪取りを十分行った後取付ける事がポイントとなる。取付け上の注意点は小倉口蓋と同様である。水密すべり戸は取付け後の水密性確保のための調整は非常に難しいので特に注意を要する。

(3)マンホール

タンクや空所に設ける事が多く、その性質上、取付ける場所に見合った強度と、水油気密性能が満足されるよう設計されているので単に形状のみで判断しないで部品符号や取付け場所を十分確認して取付ける事が大切である。また、できるかぎり地上ブロッで取付けた方が良い。コーミングの水溶接が完了したらカバーは仮締め(パッキンはこの時点で入れるか、本締め時に入れる)しておき取付け部の仕上塗装が完了した時点で本締めする。水圧テストやホーステストを実施する区画に取付けたものはテスト前に一旦本締めする事はいうまでもない。
カバーを取外しておく場合には甲板付の開口には落下防止網等を取付け、安全に対する配慮が必要である。



9.4 練習問題

1.交通装置の取付け上の注意点を述べよ。

2.小倉口蓋や水密扉のコーミング高さを確保する事は大切であるがそれはなぜか述べよ。

3.マンホールの取付け上の注意点を述べよ。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
426,558

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から