日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




193-1.gif


(e)油圧管がタンク内を通過している場合は、フラッシング油を使って耐圧テストを行う。油圧ハンドボンブを使って高圧とし、タンク内配管からの漏洩をチェックする。

(f)フラッシング完了後フラッシング油を管系から回収する。フラッシングポンプと管系との接続を外し、ポンプ出口側との接続していた管系から圧縮空気又は窒素を吹き込み反対側からドラム缶へ油を回収する。(図5.15参照)


193-2.gif


(g)フラッシングの終った管系は絶対に異物が入らないように栓をしておくこと。

(h)バイパス管を外し、フラッシングのための取外し管を復旧する。

(i)フラッシング油の回収に当っては回収率95%以上とし、必ず同一銘柄のフラッシング油のドラム缶に回収すること。

(j)油で船内を汚さぬように注意すること。油をこぼした場合はすみやかに清掃する。こぼれた油の処理は、油中和処理剤を使用するが、船外への排出は、量の多少にかかわらず絶対に行わないこと。



5.7.3 フラッシング完了の判定


フラッシング完了の判定には前述のフィルターの目視による他にフラッシング油をサンプリング採取し、簡易汚染度測定器によって判定する方法が一般的である。系統油圧機器によってその等級(NAS)は異なるが8〜10級を適用する事が多い。また、場合によっては専門業者に依頼し、性状分析や、精密な汚染度測定をする。

(1)簡易汚染測定器の一例

(1.1)コンタミキットコンタミキットは、供試サンプルを漏過し、汚染粒子を捕そくしたミリポアフィルタを顕微鏡の検鏡台にのせ、内臓された各等級の標準汚染板と同一視野で比較し、供試サンブルともっとも近い粒子分布のNAS等級を読みとるものである。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
426,558

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から