日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




ライナの櫂合わせをしてボルトを締めつける。

(d)ライナを台に3ヵ所溶接する。

(e)ダイヤルゲージを外す。

(f)カップリングを接続し、十分グリースを塗布してカバーをする。

186-1.gif


5.5 揚貨装置


荷役装置には色々種類があるが、ここでは一般的なデリック装置について述べる。

(1)マスト、ポスト付金物

マスト、ポストに付く金物

すなわち、トッピングブラケット、グースネックブラケット、滑車須、垂直梯子、カーゴライト、スナッブ、手櫂、電線馬等の金物は必ず地上で取付け、滑車をはじめ各金物の櫂動部には十分な注油を行った後搭載する。

マスト、ポストの工事は搭載後は最も危険な高所作業の一つであり、地上での全金物の取付け、注油等は十分留意しなければならない。

さらに注意事項として

(a)トッピングブラケットとグースネックブラケットと相互ねじれの生じないよう、心出しを行って取付ける。

(b)艤装金物中最ももシビアな荷重のかかるとこであり溶接は特に入念に実施する必要がある。

(c)グースネックブラケット等鋳物須にいわゆる傷、割れ、巣等の欠陥がないか十分チェックする。

(d)ポスト頂部にブーム受けが付く場合にはブーム型により正確に位置をきめる必要がある。

(e)ポスト下部はキャンバーに合わせて裾切りしてあるのが普通であるので、金物の取付ける方向、位竈を確認しておかないと搭載後では修正は難しい。

(f)ポスト、マストの地上工事を完了して搭載するためには所要の金物類を所定のタイミングに入手し、短時日の中に施工する要がある。またポストは大物であり、地上面積は広くまた長時直にわたり占有するのは好しくない。


(2)ブーム及びブーム受け





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
427,173

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から