日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




第3章 板金工作法


3.1 一般


板金工事とは主として鋼板、型鋼、軽合金などによる騰製品の現図加工、組立などの内業作業及びその取付けを含むが、取付け作業に関しては別項目に述べることとし、本項では内業に限定することとする。

品目として主なるものは次のものがあげられる。

ボラード、フェアリーダ、ワイヤリール、マスト、ポスト、ブーム、アイプレート、リンクプレート、梯子、手摺、スナッブ、舷梯、ワーフラダ、マンホール、戸類、通風トランク、通風筒、ダビット、バイブカバー、天窓、天幕柱、煙突マーク

造船腹装工事は関連産業の発達、船価の合理化、労螂力事情等によりかつての自給自足から専門工場に外注し社内における工事の主体を外業取付け工事におく方向にあるが外注工場の指導、特急製作、艤装品の改善等の目的のためにもその工作法を確立しておくことは必要である。

製作時の一般注意事項は次のとおりである。

(1)加工前の現図展開法を工夫し、材料取りを適正にして材料の節約、組立を容易にすること。

(2)治具を工夫し、人力作業をはぶくと共に製品の精度を高める。

(3)熱間作業の工程を減らす。

(4)溶接構造物は歪みを生じないよう順序、逆歪、拘束等を考慮する。

(5)工程を厳守し、納期を厳守すること。

(6)工程の流れをスムーズにするよう、工場内は材料置場、マーキン、切断、曲げ場、組立場、溶接場、歪取り、仕上げ、製品置場等を配置し、所要の棚等を適切に設ける必要がある。



3.2 基本作業


3.2.1 罫書


直線の罫書には一般に墨壷、墨差しを用い特に精度を要するものは白墨粉、ごふん等を塗り、罫書針、コンパスで線を罫書く。

罫書記号の一例を下図に示す。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
427,173

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から