日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




塗装は、塗料皮膜で金属面を覆い、外気及び水気を遮断する方法である。

メッキは、電気メッキ、溶融メッキ、浸透メッキ、金属溶射等の方法で、金属の表面に他の金属の皮膜を付着させる方法である。



23.2.2 電気防食


(1)流電陽極法

一般に銅に対してイオン化傾向の大きい亜鉛、アルミニウムなどを使って防食する方法である。


(2)外部電源防食法

鉄鋼、アルミニウム、炭素、磁性酸化鉄、二酸化鉛、白金等を陽極に使用し、この陽極から船内電流を流し、常に防食すべき金属表面を防食電位以下に保って防食する方法がある。



23.3 保護亜鉛による防食


水線下に取付けられている舵、推進器、船尾管、船尾材、張出し軸受等のほか、船内にあっても海水と常に接している弁、管、ポンプ類の金属部に対しては、十分に有効な保護亜鉛を取付けないと、鋼の腐食や銅合金の脱亜鉛現象を生じるので、保護亜鉛を用いて防食を行う。


(1)保護亜鉛の取付け数量

保護亜鉛の取付け数量は、舵、推進器等金属部の表面積、海水の水質、船の停泊航行その他の状態によって条件が変るので、正確に算定することは難しいが、基本的には被防食金属の所要防食電流密度と保護亜鉛からの発生電流とから次式によって算定する。


140-1.gif


(2)防食電流密度

所要の防食電流密度は、被防食金属1m2当りを防食するために必要な電流値である。この数値は、船の停泊中と航走中とでは異なるもので、航走中は停泊中よりも高く、約2倍になるという説もあるが、またある実験では、航走中は電食はないという見方もある。

また、この数値は決定的なものがなく、これを表すことが難しいが、次の数値を用いることとする。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
429,208

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から