日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




末端は錨鎖庫低部の根止め金物に係上される。錨鎖孔と鎖車との中間に制鎖器(チエン・ストッパー)を設ける。



2.2 揚錨機(ウインドラス Windlass)


2.2.1 揚錨機の性能


揚錨機には、その動力によって、小型船用の手動揚錨機、内燃機関駆動の揚錨機、気動、電動、電動油圧の揚錨機等種々あって、各メーカーによって型式が異なり、その性能も一様でないから、よく検討する必要がある。

小型船では、電動機を用いるものが多く、揚貨機と兼用されるものもある。一般に必要な性能は次のとおりである。

(1)ブレーキだけの操作で、片舷錨だけ又は両玄錨が同時に投錨できる。

(2)片玄又は両舷の錨を同時に機械で静かに巻き下すことができる。

(3)ブレーキで片舷の錨鎖を延ばしながら、他の舷の錨鎖を巻き込むことができる。

(4)揚錨機の能力は、両舷の錨及び錨鎖各3節を同時に、1分間に9m以上の速度で巻き込める。

なお、「設」133条には、「重量150kg以上の錨を備うる船舶には適当なる揚錨設備をなすべし」と定められている。



2.2.2 電動揚錨機


電動は効率がよく、運転が円滑であり、騒音も少なく、蒸気管がない等の利点が多いが、船首甲板上に据えるために絶縁が多少めんどうであるという欠点がある。一般に電動揚錨機としての必要条件は次のとおりである。

(1)速度制御が円滑で、かつ経済的であること。

(2)軽負荷における速度が全負荷規定速度に比べて著しく大であること。

(3)軽負荷の時低速でかつけん引力が大であり、無制限に過負荷することなく、一定の停止、けん引力を有すること。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
428,863

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から