日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




第1編


総 論


第1章 艤装設計


1. 1 艤装設計一般


1.1. 1 艤装の役割


艤装とは船殼以外のすべての部分で、船体艤装、機関艤装、電気艤装の総称である。

艤装は、(1)船に行動性と作業性を与え、(2)船員・旅客には住居の場となり、(3)貨物の格納の場所となり、(4)長期間その機能を維持するという大切な役割をもっている。従って、船殼とともにその安全性が大切であって、船舶安全法その他の法規によって定められた条件に従い堪航性と人命の安全を保持するに必要なる施設をしなければならない。



1. 1.2 艤装設計とは

船の大きさ・用途・航行区域等に応じて各種設備の方式・力量・寸法等を定め、これを図面に書き示すことを艤装設計という。手順としては、艤装区分ごとにそれぞれの要求に合うように、適当と考えられる方式・力量・寸法等を検討して決定する。しかし、これらは、それぞれ関連性のあるものが多いから、単独に決定してしまうことはできない。すなわち船の行動性・作業性の人の行動性・作業性とを同時に考慮するとともに、各種の関連法規を与えられた条件、この条件は最低又は最小限のものが与えられているから、それらを考慮しなければならない。また重量の軽減、価格の低減、工作の簡易等も考え、また筍力や機関の馬力等がなるべく経済的・合理的になるよう検討する必要がある。このためには、設計は何回か計算のやり直しを行うことになる。(このように幾度か試みを重ねて修正しながら最終案を求める方法を試行錯誤という。)また、これらの設備は互に関係あるものが多いから、現場の取付位置・工作順序・時期等を図面の上で考慮しておかなければならない。現実には、船殻工事との関係を十分考慮しなければならず、また、ブロック方式の建造の場合は、先行艤装することが極めて有利であって、このためには特殊な計画と図法も必要である。



1.1.3. 艤装設計についての心構え

艤装は、船殼との関連事項及び船体、機関、電気との相互関連が多いので、この間のバランスを十分考慮して、小型船はそれらしく実用的な簡潔な艤装とし、特に重量、寸法等について注意を払わなければならない。

また、小型船はその建造所の能力に応じて艤装方式を考え、設計図もそれに応じて装置別、区画別の両者を適切に使い分けなければならない。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
428,863

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から