日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

1.7 JIS規格材(指導書P.9参照)

JIS規格材SS41、SM41は常識として知っておいてもらいたい。この41という数字は引張強さ41〜52?s/mm2で強さの最低要求を表している。(引張強さのことを抗張力ということもある。)SS41とSM41(A,B,C)との違いは、伸びの相違(指導書第1.5表)、化学成分の相違(指導書第1.4表)にある。

 

1.8 鋼材の応力−ひずみ曲線(指導書P−10参照)

指導書第1.3図の鋼材の応力−ひずみ曲線は重要であるので、指導書の説明をよく読んでほしい。ヤング係数、降伏点、引張強さ、伸びなどの重要な概念をはっきりと理解することが大切である。鋼材のヤング係数E=21,000?s/mm2(これを2.1x104?s/mm2または2.1×106?s/cm2と表したりもする。)は記憶しておくとよい。

 

1.9 鋼材の重要な性質(指導書P.9〜P.13参照)

弾性と塑性、じん姓とぜい性、疲れは指導書をよく読んで理解すること。
補講(鋼材の低温ぜい性)
鋼材に切欠(ノッチ)をきざみ込んで荷重をかけると、切欠の先端に応力集中を生じて切欠のない場合に比べて同じ断面積でも容易に破断する。その抵抗力の大きさは、破断までの吸収エネルギーの大きさにより示すことができる。第5図、第6図に示すような、試験方法で求められる。第5図をシャルピー衝撃試験、第6図をアイゾット衝撃試験といい、広く用いられている。いずれもハンマーの持上げ各αと振上がり角βとの差により試験片を破談するのに要した衝撃吸収エネルギーから求められる。

007-1.gif

第5図

007-2.gif

第6図

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
103位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
119,073

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
3.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
5.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
6.通信教育造船科講座 艤装
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から