日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


図上の分かりやすい所に記入する。また、部品の大部分が同じ仕上げ程度で一部分が異なるときは、(e)のようにその記号を図の当該面上に記入するとともに、共通記号に続けて( )内に併記する。

 

277-1.gif

 

4・19図 表面あらさの図面記入法

 

3. 略画法

主要な機械部品であるネジ・バネおよび歯車などの製図に際しては、これらを実物の形状どおりに図示することは、はなはだ手数を要するので、略画法が用いられる。JISでは、ネジ製図(JIS B 0002)・歯車製図(JIS B OO03)およびバネ製図(JIS B 0004)に、これらの略画法を規定している。
ここでは、ねじおよび歯車についての略画法を示す。

 

3.1 ねじの略画法

ねじの図示方法は、JlSにより次のように規定されている。
@おねじの外径線、めねじの内径線および完全ねじ部と不完全ねじ部との境を表わす線は、太い実線で書く。
Aおねじ、めねじおよび不完全ねじの谷底を表す線は、細い実線で書く。
B不完全ねじ部の谷底を表す線は、中心線に対し30°の傾きで書き、必要に応じて不完全ねじ部の寸法を記入する。
C見えない部分のねじは、山頂、谷底を示す線をそれぞれ中間の太さの破線で書く。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
77,438

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から