日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


273-1.gif

 

4)穴の寸法記入法
材料にあけられている穴はその使用目的によって異なる。従って穴の種類としては旋削穴、鋳抜き穴、打抜き穴、きり穴などがあり、JISにおいては穴を示す時、その穴の種類を示す時に限り寸法にその名称を付記するように定められている。
引出し線を用いて示す場合には、引き出し線は穴の中心を向き、水平線に対してなるべく60°をなす直線とし、引き出される側に矢印をつけてその先端を穴の外周につける。
そしてその上に「5キリ」あるいは「245リーマ」などと記入する。
@鋳抜き穴…鋳物をつくる時、中子を用いてあらかじめ穴として鋳造したもの。
A打抜き穴…プレスにより打抜いた穴。
Bきり穴…ドリルであけた穴であり、同寸法の穴が多数ある場合は、数と寸法を記入する方法が用いられる。例えば「8-15キリ」と記入があれば直径15ミリのキリ穴が8個という指示である。
Cリーマ穴…リーマで位上げられた穴。この場合はリーマより少し小さい直径のきりで穴をあけてから、リーマを使うのが普通であるので両方の寸法が併記してある。
D座ぐり穴…鋳物製品の面にボルト頭やナットが直接接触することは締付けが不確実となるので、接触する面を座ぐりきりによって平滑にけずる。これを座ぐり穴と呼ぶ、座ぐりの種類には4・16図に示すような3種類がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
165位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
77,539

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から