日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


7.3 点検と整備

(1)アウトドライブ装置はドライブユニットを上下させる機構を持ち、係留中にはプロペラ部を水面上に出しておく事が可能であるが、ユニバーサルジョイント保護のラバーベローズの変形、傷付きの恐れもあり、陸上に上架しての保管が最も望ましい。
しかし特に業務用では殆どが係留保管であり、運転中はドライブユニットが水中にある為、定期的なオイルの交換と清掃による異常の早期発見が整備のポイントである。ギアケースを分解整備した場合にはバキュームテスターで耐圧テストを実施し漏れの有無を確認する。また、海水ポンプ内蔵形ではエンジンの焼付防止の為インペラの定期交換が特に重要である。
(2)アウトドライブユニットの取付については、キャビテーションプレートが船底と同一レベルが一般的であるが、特にクランクシャフトのセンタとアッパーギアユニットのセンタが狂わない様に留意する必要がある。
(3)構造上船体後部(トランサム部)に大きな開口部を有するので分解整備時、トランサムシールドのG/Kは必ず交換し船内側への浸水については細心の注意をはらう事が必要である。
(4)トリムタブの調整
ステアリングを左に取られる場合には3・90図のようにトリムタブの後端を左へ移動させるとトリムタブは水圧を受けてドライブユニットを右へ動かす。これはステアリングを右に切るのと同じ効果が生じプロペラ推力の方向をわずかに変え、船は直進する事になる。
但し注意しなければならないのは水圧を利用している為、トリムタブ調整は最も使用頻度の高い回転数に合せる事が必要である。

 

259-1.gif

3・90図 トリムタブ調整

 

(5)アウトドライブユニットの構造は各メーカーごとにまた馬力別用途に異なる為、整備基準については各メーカーの整備マニュアルに準拠し点検整備を実施する事。別表に定期点検項目の一例を参考に示す。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
77,382

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から