日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


(9)その他
@逆転機構不用
A主機関始動回数が少ない。
B過負荷防止ができるため機関部品の寿命をのばす。
C一方向回転のため、ハイリースキュードプロペラの採用が容易である。
Dねじり振動危険回転数域を回避して使うことができる。

 

2)欠点
(1)ボス比が大きいため固定ピッチプロペラより効率が若干悪い
ボス比は、固定ピッチプロペラでは、一体形は0.16〜0.18、組立形は0.22〜0.25程度であるが、可変ピッチプロペラでは普通0.26〜0.32程度であり、わずかではあるがプロペラ効率が低下する。ボス比による効率の変化については、固定ピッチプロペラに比べてだいたい1〜3%低下するということである。ただし船に装備する場合、固定ピッチプロペラは、回転数マージン及びミーマージンを見込み設計する必要があるので、実船での推進性能は、ほぼ同じか、むしろ可変ピッチプロペラの方が良くなることもある
(2)価格が高い
固定ピッチプロペラに比較して構造が複雑であるので価格は高くなる。
しかし、これらは可変ピッチプロペラの装備によって機関室の省力化、合理化ができるとともに、操業能率の向上を可能にするので十分償い得るであろう。

 

3.2 構造

可変ピッチプロペラの部品の構成を大別すると次のようになる。
・プロペラ
 ボス
 翼
 クロスヘッド、クランクピン

 

・プロペラ軸
 船尾管
 プロペラ軸
 変節軸

 

・変節装置
 変節用サーボシリンダ
 分配弁
 変節油ポンプ、タンク
 給油軸、給油箱
 自動復帰リンク

 

・変節制御装置
 機側制御装置
 遠隔制御装置

 

現在各種の可変ピッチプロペラが製作されているが、それらの基本構造は特殊なものを

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
77,382

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から