日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


2.2 プロペラに関連する間題

1)プロペラの重い、軽い
プロペラが重いとか軽いとかいわれるのは重量を指すのではなく、主機関にかかる負荷の状態を表わしている。プロペラが重い、すなわち主機関が過負荷になったり、あるいはプロペラが軽い、すなわち負荷が非常に低くなるのは、主としてプロペラ設計時の各要素の推定の誤りに起因する場合が多い。このような場合には、正しく設計されたプロペラに取替えるか、あるいは、直径またはピッチを修正することによって、適正な負荷になるような対策を講ずる必要がある。

 

2)キャビテーション(空洞現象)
プロペラの回転数がある範囲を越えると、水との相対速度の関係で翼表面に圧力の低い部分が発生して気泡を生ずることがある。この現象をキャビテーションといい、圧力の分布状況を3・37図に示す。圧力の低い部分で発生した気泡が比較的圧力の高い後方に押し流されると周囲の圧力によってものすごい勢いで消滅する。このときの局部的な衝撃力はきわめて大きく、翼面の潰食(エロージョン)あるいは翼後縁の曲りの原因となる。また、キャビテーションがはげしくなると水は翼表面にそって流れることができず、プロペラ効率は著しく低下するとともに、振動や騒音の原因となる。プロペラ翼の損傷は、異物の接触を除けばほとんどがこのキャビテーションに起因するものであるといえる。

 

202-1.gif

 

3・37図 翼断面上の圧力分布とキャビテーション

 

3)コロージョン(腐食)
海水中のプロペラでは、プロペラ自体内の異った性質を持つ金属粒子間あるいは船体と組合って、1種の電気化学的作用が生じ、亜鉛分が海水にとけ込み、表面が黒色または黒褐色に変色して肌荒れを生ずることがある。一般にコロージョンといわれるのはこの種の浸食であり、高力黄銅(マンガン黄銅)鋳物製プロペラの場合、脱亜鉛現象ともいわれている。このコロージョンが進行すると、プロペラ翼表面が荒れて効率が低下するばかりでなく、折損の危険を伴うことがある。
このコロージョンを防止するために高純度の亜鉛(Zn)やアルミニューム(A1)を

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
77,438

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から