日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


や3・34図(ハ)の如く船首の方向に傾斜しているものがある。この翼先端の傾きの量を翼傾斜またはレーキという。3・34図(ロ)はプロペラの翼先端と船体の間隔を大きくするには良い方法であり、(ハ)は高速艇などにおいて遠心力を利用して、少しでも翼根元の応力を減じて翼を薄くするための工夫である。即ち、翼が回転すると遠心力によって、翼を軸心に対して垂直にしようとする力(レーキをなくそうとする曲げモーメント)がはたらく、このために翼の根元に生ずる曲げモーメントは、翼面が推力を出すために翼の根元に生ずる曲げモーメントと反対の方向に作用するから、結局翼根元にはたらく曲げモーメントはレーキによる曲げモーメントだけ減少することになる。

 

10)回転方向
プロペラの回転方向は、3・35図に示すごとくすべて船尾側から船首に向って見た方向をいう。プロペラが船を前進させる場合、即ち前進回転のときに、時計の針のまわる

 

201-1.gif

 

3・35図 回転方向

 

方向に廻るものを右廻りといい、その反対を左廻りという。この回転方向は非常に簡単なことでありながら、実際にはよく間違いをおこすから、十分注意する必要がある。

 

11)翼輪郭
翼輸郭の代表的なものを3・36図に示す。一般の貨物船、タンカ、漁船等では烏帽子型が広く採用され、高速艇では丸型、曳船等でコルトノズルを有するものに対してはカプラン型が使用される。また、近年船体振動の低減を主目的としたハイスキュー型が注目されている。

 

201-2.gif

 

3・36図 翼輪郭

 

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
77,515

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から