日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


径である。
しかし、大体の見当としては、ボスの両端の直径の平均値を用いる。

 

200-1.gif

 

3・33図 ボスの直径

 

8)翼厚比
翼の最大厚さとは翼の断面において最も厚い部分の厚さをいう。
翼の最大厚さの位置は、翼の中央部にあることもあるが、前縁の方によっている場合が多い。3・34図は翼の最大厚さの半径方向の分布を示すものである。即ち翼の最大厚さは翼の根元においてτ1、先端においてτ2となっている。翼先端から根元まで即ちt2からτ1までの変り方は、多くのプロペラでは、3・34図に示すように直線的に変っている。この最大翼厚線を軸の中心線までのばすとOAなる仮想の厚さが得られる。このOAをプロペラ直径Dで割った値が最大翼厚比である。この値によって翼が比較的厚いか、薄いかの見当がつくのであって設計上重要なものである。

 

200-2.gif

 

3・34図 翼の最大厚さの分布

 

9)翼傾斜(レーキ)
漁船、貨物船等のプロペラ翼は3・34図(口)に示す如く、船尾の方向に5°〜12°位の傾斜をしているのが普通である。また高速船などでは3・34図1イ〕の如く傾斜のないもの

 

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
165位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
79,152

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から