日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


製品の種類は、内容により、次のようにわかれている。
@プラスチック・メタル〈金属粉配合エポキシ樹脂〉
特殊加工したエポキシ樹脂に、約80%のごく微粒の金属粉を配合した復合材料である。金属粉の種類には、鉄、アルミ、アルミナ、ブロンズ、ステンレススチールなど各種のものがある。これらの主剤にアミン系硬化剤(毒性はほとんどなし)を混合するだけで、化学反応をおこし、常温短時間で硬化する。硬化後は金属に類似する固体となり、耐薬品性、耐摩耗性などにすぐれ、機械加工することも自由にできる。
Aフレクサン〈室温硬化型特殊ポリウレタン樹脂〉
室温硬化型の特殊ポリウレタン樹脂で、二液を混合することにより常温短時間でゴム状の弾性体となる。
B特殊接着剤〈エポキシ系〉
エポキシ系の増力接着剤である。
4)スリーロイ
スリーロイとは、優れた諸性質をもつエポキシ樹脂を配合したもので、合成樹脂ともいわれ、接着、充填、肉盛り、コーティング、ライニング、電気部品の埋込み、積層等広範囲な用途をもっている。
機械的特性、耐化学薬品性、電気的特性、耐熱性に優れ、常温で使用できる。
(1)種類および配合率
スリーロイには、用途、目的により鉄系、アルミ系、真鍮系、プラスタ系、水晶系の5種類がある。
スリーロイは、本剤および硬化剤の二種よりなり、本剤の種類によりそれぞれの硬化剤を混ぜ合せて使用する。
使用に際しては表面の処理を完全に行う。即ち錆、油脂分、水分その他來雑物を完全に除去する。方法はハンドグラインダ、ワイヤーブラシ、サンドペーパ、サンドブラスト等にて脱錆し、金属の地肌を完全に出してからメチルエチルケトン、トルオール、シンナ、トリクロールエチレン等にて脱脂する。
塗布は、刷毛、又はスプレーガン等の使用が便利である。
完全硬化には、12時間〜1週間を要する。
なお、スリーロイは、一度硬化したものは、決して復元できない。

 

4. 潤滑油、燃料油、冷却水

整備士として必要なことを説明する。

 

4.1 潤滑油

1)ディーゼルエンジンの潤滑油の作用
(1)潤滑作用

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
165位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
77,615

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から