日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


2・11表 鑞の配合と溶解温度

 

172-1.gif

 

3)溶剤について
鐙付には接合部表面の酸化物を取り除き、かつ酸化物の発生を防ぐために溶剤を必要とする。硬鐙付には一般に瑚砂を用いる。ハンダ付に用いる溶剤即ち「半田液」は稀塩酸に亜鉛盾を溶かした液、塩化クローム、ぺ一スト等を用いる。

 

3.5 メタロック

鋳造部品が亀裂破損した場合、専門業者に依頼して修理する。
2・173図のような形状の特殊合金鋼メタロック材を使用し母材にクラックを横切る方向に、メタロックと同じ形状の溝を掘り、母材厚さに応じ何段かに分けてメタロック材を挿入し、各段ごとにピーニングを行い母材と完全に密着させる。メタロック材の寸法および挿入数は母材の材質および肉厚、またクラック部に働く応力に応じて決定する。肉厚100耗程度までは母材の片面よりの加工で充分加工し得る。
上記メタロックとメタロックの間には、亀裂線上に沿いメタロック材と同じ材質の2・174図のごときメタレース材を、互いに重ねるようにネジ込み上部よりピーニングし、油・水等の圧力部の漏洩を止めると同時に、クラック部に働く剪断応力に対し有効に作用せしめる。施工仕様はメタロック同様修理品の条件により決定する。

 

172-2.gif

 

 

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
77,382

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から