日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


合金を溶融噴射して母材に盛り上げること(メタライジングという)、又は自溶合金等の材料をパウダータイプのガンを用いて、溶融噴射し、さらにトーチで再溶融して、母材に盛り上げること(サーモスプレイという)である。
特長としては
@加工物の表面加工温度を120℃〜150℃に調整できるので、母材のひずみを生じないし、組織の変化も起らない。
A被加工物と溶射材は同一材の必要はない。
B盛金の厚さは、0.1〜20m/mくらい可能である。
C盛金の層は極めて微細な多孔状の為、軸受性能としても優れている。
D表面あらさは4S程度迄仕上可能である。
E溶射材の選定に依り、耐食性及び硬度が得られる。
F密着力は、約530kgf/cm2〜1,100kgf/cm2(勇断強さ)が保持されている。

 

3.3 めっき

摩耗部分の再生、硬度保持又は向上、耐食性の向上等の方法として、硬質クロームめっきがある。クロームは摩擦係数が低いので、摺動部、シール部、油密部等に使用すると特に効果がある。
クロームめっきの厚さは、仕上りで0.02〜0.2mm程度が妥当である。更に厚くすることもできるが非常に高価となる。

 

3.4 ろう付(鑞吹溶接)

1)ろう付(鑞吹)
鑞付は、接着に余り強度を要求されない、振動の少ない、高圧、高温にならない様な管継手等の接着に多く使用される。この方法は二つの同種又は異種の金属を突合せ、その間に溶解温度の低い金属又は合金(鑞)を溶解させて接合を行う。この場合、接合された両金属は熱のため溶解されないが、その表皮の幾分かが接合金属に個体のままで溶融するので比較的強い接合が行われる。そのため、用いる鎖は母材の種類と、必要とする接合力の程度によって適当なものを選ばなければならない。鑞の中の溶解温度の高い物(500℃以上)を硬鎖、低いものを軟鑞と言う。
硬鑞は溶剤とともに接合部に付け、吹管で吹いて鑞付するのが普通であるのでこれを鎖吹とよんでいる。又較鎖殊に「ハンダ」は「ハンダ鏝」で鑞付を行うのでこれを「ハンダ付」とよんでいる。
2)鑞の種類
工業用の鑞には大体2・11表に示したようなものがある。また鑞の形状は粉末、薄片、板、線、帯、管等があり、用途によって適当なものを選定する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
77,382

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から