日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


169-1.gif

 

2・172図 ブルカン継手

 

2.11 リモートコントロール装置(遠隔操縦装置)

海上輸送や操業コストを低減し採算を維持向上させるため漁揚機器を始め殆んどの船舶機械類が自動化されつつあり、舶用ディーゼル機関も同様に主機、補機ともにブリッジに於て遠隔操縦できるようになりつつある。現在では小形の一部を除き殆んどが遠隔操縦装置を設け最大限に省力化されると共に機関の運転状態の確認ならびに保護監視上必要となる警報装置などを設け、ブリッジに居ながらにして対処できるようになっている。
主機関はブリッジに於て操船するため、始動、停止、調速、クラッチ切換え操作などが行えるように操舵機のそばに各種スイッチ、レバー、ハンドルなどが配置されている。補機関の場合は機関室またはそれに隣接した監視室に制御盤を設けそこから遠隔操縦するようにしているのが一般的であり、これらの遠隔操縦を総称してリモートコントロール(略リモコン)と呼んでいる。
船の長さが25m以上のものやCPP(可変ピッチプロペラ)付の場合は操縦場所および監視場所に主機の非常停止装置を設けるよう安全法で義務付けられている。
一般的なリモートコントロール装置は、つぎの4つに分類することができる。
(1)ワイヤ式:
10m以下に適用
(2)油圧式
静油圧式 :15m以下に適用
動油圧式 :大型機関又は15m以上に適用

 

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
77,382

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から