日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


138-1.gif

 

2・137図 操縦弁、塞止弁

 

2.9 過給装置

1)過給機
(1)過給の目的
燃料油が燃焼するためには一定量の空気が必要である。したがって小さなシリンダでは吸入する空気量が少ないために燃焼できる燃料油の量が少なく出力も小さい。
圧縮機(コンプレッサ)により大気圧以上に加圧した空気をシリンダ内に送り込めば、同容積のシリンダでも多量の空気を押し込むことになり、無過給の場合よりも多くの燃料油を燃焼させて出力を高めることができる。これが過給の目的である。この目的の為にエンジンに取付けられるものが過給機であり、現在実用化されている過給機は下記に大別される。また一般に多く使われている排気タービン過給機の概念図を2・138図に示す。

 

・ 排気タービング過給機
  輻流式(ラジアルタービング)
  軸流式(アキシャルタービング)

 

(2)排気タービン過給機
(イ)排気ガス中のエネルギの回収
排気タービン過給機は機関との間に機械的な連絡がなく、機関の排気ガスにより駆動されている。
排気弁の開く際のシリンダ内のガス圧力は4〜8sf/cm2である。これをシリンダ内でさらに低圧膨張させるためには、機関のストロークを余程長くせねばならず、

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
77,438

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から