日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


087-1.gif

 

2・75図 遠心式油バイパスフィルタ

 

また時々バイパス弁の動きとシートの当りを点検する。
カートリッジタイプは決められた時間ごとに交換する。
遠心式バイパスフィルタは定期的に分解し、スラッジを取除き、洗浄後ノズルが詰っていないことを確認した後組立てる。

 

4)潤滑油冷却器(オイルクーラ)
(1)構造と機能
潤滑油はエンジンの高温部分にも循環され、潤滑作用をすると共に、燃料の燃焼によって発生した熱を奪い取り、ピストンライナ等を冷却する役目を持っている。従って高速高出力のエンジンでは油の温度が規定以上に上昇するのを防ぐため、一部のエンジンを除き潤滑油冷却器を装備している。この潤滑油冷却器には水冷式のもの(多管式、多板式)と空冷式のものがあるが、舶用には主として水冷式のものが使われている。2・76図にその一例を示す。
(2)点検と整備
冷却効率が低下すると入口と出口の温度差が少なくなるので判断できるが、そのためには新品納入時の運転データを冷却水温度と合わせ記録しておくことが大切である。水あかが堆積したり油かすなどが付着して、水通路が詰ったりすると冷却効率が低下するため海水冷却式の場合は1年間に一回程度は分解清掃することが必要となる。清水の場合は防錆剤などを必らず用いるようにする。潤滑油通路側は洗剤を用いて洗浄する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
165位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
77,539

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から