日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


(2)点検と整備
(イ)シリンダヘッドのガスケットパッキン又は銅パッキン取付面の歪、ガス吹抜け傷および水、油もれなどを点検する。歪および吹抜け傷は修正限度以内であれば削り落とす。ヘッド下面(ガスケット取付面)の歪はストレートエッジとスキミゲージにより点検する。

 

048-1.gif

 

2・15図 シリンダヘッド下面の歪計測

 

(ロ)海水冷却式の場合は水連絡管付近の水通路の腐蝕に注意する。外部の盲栓、その他水通路点検蓋などからの水もれ塩吹きあとに留意する。同時に防蝕亜鉛の点検を 行い1/2〜1/3以下になっていれば新品に交換する。
(ハ)燃焼室、吸、排気ポート、噴射弁穴などへのカーボン付着、浸入状況をチェックする。点検後はこれらカーボンを清掃する。
(二)触火面および弁間、噴射弁穴、始動弁穴などのカラーチェックを行い亀裂の有無を点検する。ヘアークラック程度の浅いものはグラインダで削り落すか、亀裂端部を削り亀裂の進展を防止する。

 

048-2.gif

 

2・16図 カラーチェック

 

(ホ)修正が完了したら水通路の水圧検査を行って水もれの有無を点検する。
(ヘ)シリンダヘッドを交換した時は勿論であるがライナ、ピストン、連接棒、軸受メタルなど主要部品を交換した場合は、トップクリアランスを規制している機関においては規定トップクリアランスになるようガスケットパッキン又は銅パッキン又は

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
165位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
77,539

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から