日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


機関事故を誘発する。
b)無負荷最高回転速度制限封印
機関の最高許容回転速度の制限封印であり、解除するとオーバラン状態となり遠心力が制限以上に大きくなるため、主要部の焼付きや機械的応力過大による破損事故が発生する。
修理などでこれら封印を解除した場合は再封印登録者が排気温度、回転速度などをチェックしながら再封印を行うよう義務づけられており、再封印登録制度に基づいて実施しなければならない

 

2)定期点検と整備
機関の事故を予防する上で最も重要なことは常日頃から機関に接して点検すると共に定期的に点検し保守整備することが大切である。常に機関に接し監視したり、保守点検整備を定期的に実施しておれば機関事故の原因となる些細な異常が発見でき、修復することにより事故を未然に防止することができるものであり、このような習慣を身につけることが事故予防に最も効果がある。
定期点検の期間や、時間は機関の使用環境条件や取扱い方などにより大幅に異るため難しいが高速機関の一例を2・4表に示す。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
165位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
77,539

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から