日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


失が増えて、熱効率が下がり出力が低下する。
これらの模様は1・15図に示す噴射時期の遅早を調べる手引線図によって明らかである。

 

024-1.gif

 

1・15図 噴射時期の遅早による手引線図の比較

 

6. 舶用機器に使用される材料

舶用機器に使用される材料は、強度、耐摩耗性、耐熱性、耐腐食性、耐震動性等が要求あるばかりか、使用される場所によって材質の指定や材料検査を義務つけられたものが多くある。
また、前に述べたようにSI単位の導入により、今まで使用されてきた材料を表示する記号も変わるものもでてきた。
よって、ここでは各機器に使用される主な材料に就いて説明をする。

 

6.1 SI単位導入による材料記号の表示について

従来は、丸材、角材や六角材等に通常使用されている一般構造用圧延鋼の材料記号は〔SS41〕と表示されていたが、最近では〔SS400〕となっている。同様に、シリンダヘッドやシリンダ等に使用されている鋳物の場合も〔FC15〕や〔FC25〕の表示が〔FC150〕や〔FC250〕となっている。
また、みがき棒鋼を例にすると従来は丸材は〔SS41B-D〕、六角材は〔SGD41-D〕と分けていたものを、変更と同時に統一して〔SGD400D〕としたものもある。
しかし、丸棒や軸として使用される機械構造用炭素鋼は従来のままで〔S35C〕や〔S45C〕で変わっていない。
この理由は、例えば〔SS41〕の場合を説明すると、従来単位でこの材料の引張強さは41〜50kgf/mm2であったため、この最低引張強さの41kgf/mm2を表示していた。SI単位の導入により、1kgf/mm2は簡易換算で9.8N/mm2となるため、4kgf/mm2を換算すると41×9.8=401.8N/mm2となりこれを400に丸めて、記号が〔SS400〕と変わった。鋳物の場合も〔FC25〕は従来単位で最低引張強さが25kgf/mm2であるため、同様にSI単位では25×9.8=245N/mm2を250に丸め〔FC250〕とした。
しかし、前述の材料記号の変わっていない〔S35C〕は、表示の35が引張強さでなくて、材料に含まれる炭素(元素記号:C)の量0.32〜00.38%から真ん中の0.35%を35として使

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
77,382

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から