日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


2)正味熱効率(ηe)
実際に機関から得られる有効仕事(We)は図示仕事(Wi)から各運動部分の摩擦や弁、ポンプその他装置を動かすに要する仕事を差引いたものであり、此れに関する熱効率を正味熱効率と云い次式で表される。

 

021-1.gif

 

機関に供給した総熱量(Q)は、燃料の燃焼により発生するから、燃料の低位発熱量Hu Kcal/s、燃料消費量Bs/Hrとすると1時間の熱供給はHu×Bkcalとなる。これによって発生する正味馬力(BPS)をNe(PS)とすると、此れらの間には次式で示す関係が得られる。

 

021-2.gif

 

3)機械効率
正味熱効率はいくら良くても図示熱効率以上に良くすることはできない。また正味熱効率が悪い場合、図示熱効率が悪いのか、機械損失が多いのかを明らかにするため次式で定義する機械効率(ηm)を用いる。

 

021-3.gif

 

機械効率は主として機械内部の摩擦の多少に関係するもので、図示馬力と軸馬力との差は機械の摩擦や補助装置の運転に費されるもので此れを摩擦馬力(FPS)と云う。
摩擦馬力(FPS)=図示馬力(IPS)軸馬力(BPS)以上それぞれの効率の間には、次式で示す関係がある。
正味熱効率(ηe)=図示熱効率(ηi)×機械効率(ηm)

 

5. ディーゼルエンジンの燃焼

5.1 燃焼過程

ディーゼルエンジンにおいて燃焼が正常に行われているときの燃焼は次の4段階に分けて考えることができる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
164位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
77,382

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から