日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


019-1.gif

 

1・13図

 

3)正味平均有効圧カ(Pme)
正味平均有効圧力は、機関性能を比較する重要な要素の一つであり、軸馬力(SPS)との関係は次式の通りである。
Pme=4,500×SPS/A×S×Z×i(kgf/cm2)
最近の舶用ディーゼル機関に於いては出力性能向上が著しく、無過給機関で6〜7sf/cm2、過給代付機関にあっては16〜20sf/cm2、なかには、21sf/cm2を超えるものもある。
(例題)
最大出力350PS/2,800rpm、シリンダボア105mm、ストローク130mm,6気筒4サイクルディーゼル機関における最大出力時の正味平均有効圧力及びピストンスピードを求めよ。

 

019-2.gif

 

4)定格出力と最大出力
定格出力とは、機関銘板に打刻されている馬力及び回転数であり、一般に何馬力の機関などと呼んでいる。舶用ディーゼル機関においては、これを連続最大出力及び回転数と云い、それ以上の出力及び回転数を過負荷出力及び回転数と呼んでいる。
但し、小形漁船主機関(シリンダ径150mm以下)の場合は水産庁登録済みの出力及 び回転数で表示される場合が殆んどであり、連続最大出力及び回転数に当てはまらぬことが多い。
連続最大出力は、JlSによれば定められた状態と運転条件のもとで定められた回転数にて長時間連続して運転できる出力とし(連続)定格出力とも云っている。

 

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
165位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
77,539

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から