日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書(平成8年度)

 事業名 舶用機関整備士の資格検定
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


中高速形機関では、低速形機関に比較して機関出力は大きくてもトルクが小さいため大径のプロペラを回せない。そのために減速機を用いてプロペラ軸の回転数を小さくし、大きなトルクを得るようにしている。
(例題)機関出力450PS/2,500rpm、減速比3.25の場合の機関トルクおよび減速軸トルクを求めよ。
機関トルク T1=716.2×450/2,500=128.9s・m
減速軸トルクT2=716.2×450/2,500×1/3.25=419.0s・m

 

2) 図示馬力(出力)と軸馬力(出力)
シリンダ内で実際に発生する仕事を動力の単位(馬力)で表わしたものが図示馬力(IPS)であり、下記にて算出できる。
IPS=Pmi×A×S×n×Z×i/75×60=Pmi×A×S×n×Z×i/4,500

 

Pmi:図示平均有効圧力(kgf/cm2)、指圧器(インジケータ)により計測した指圧図(PV線図)から求めた平均有効圧力であり、下記の方法で求めることが出来る。
A:シリンダ断面積(cm2)、A=πD2/4、D:シリンダ直径(cm)
S:ピストンストローク(m)
n:クランク軸回転数
Z:シリンダ数
i:常数(4サイクルの時はi=1/2、2サイクルの場合はi=1)
インジケータ線図(PV線図)と図示平均有効圧力4サイクル機関において、吸入、圧縮、燃焼、排気の各々作動行程において、シリンダ内の圧力はピストンの位置と共に刻々変化することが想像できるでしょう。このような状況を図示したものをPV線図(Pは圧力、Vは容積の意味)と称し、エンジン熱力学理論の基本となっている。(1・10図参照)

 

017-1.gif

 

1・10図

 

PV線図は別の見方で云えばエンジンの1サイクル中に行われた仕事を表わしています。燃焼と膨脹行程はプラスの仕事であり、吸入、圧縮、排気の各行程はマイナスの仕事ですから、PV線図上でそれらを差引きした残りの図形(タビ形図)が仕事を表わすことになる。

 

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
165位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
77,539

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.3級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
2.1級舶用機関整備士指導書
3.1級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士問題集(平成8年度)
5.3級舶用機関整備士指導書(平成8年度)
6.「舶用機関整備士の資格検定」の報告書
7.平成8年度舶用工業の高度情報化システムに関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から