日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

グライダーパイロットノート

 事業名 滑空機安全教育研修
 団体名 日本グライダークラブ 注目度注目度5


 

4.応用編

1.野外飛行

1.野外飛行の心がまえ
心身を常にベストに保つこと
このスポーツの特長は、他のスポーツ以上に自己の健康に注意しなければならない。なぜならば、グライダー滑翔記録とは常に大気の条件にそうことが、もっとも重要である。本人がいかにはりきっても、大自然はそのようについてきてはくれない。また自分1人では、離陸もできないし、機材はもちろん完全でなければならない……等々である。そのときでも心身の状態は常にベストでなければならない。特に、世界選手権はもちろんのこと、国内の場合でも2週間くらいの期間に渉って行われるので、出場パイロットが風邪や胃腸の具合で休むことは、クルーにとってまことになさけないことである。そのために、競技の前から常に体調をととのえ、大会中は常に節制しなければならない。このことは、初心者のうちから心掛けなければ、急にはできないものである。
人によっては、1年も前から体調をととのえているものも少なくない。また、体の方が頑丈でも、神経が細かく、睡眠不足が続き、物わすれや不安感などで体調をくずしやすいので、心身の健康に留意しなければならない。
一般には、記録飛行や競技は真夏の一番暑い時期に行われるから、一層注意すべきである。
パイロットの人がら
金の力でやれる人は別として、大部分の滑空人は自己の財力ではどうにもならない。そのために、1機の滑空機に多くの人々が練習している。そしてその中の1人が野外飛行に飛び出すには、その機体で練習する人々、あるいはその団体に所属する人々に、なんらかの形での我慢してもらうとか、そのほかにいろいろの協力がなければならない。それによって、一時的に機体の持主となって野外飛行に飛び出すことができるのである。
それと同時に、そのグループの1人ひとりが脇役になったり主役になったり

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
197位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
54,212

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.「滑空機安全教育研修」の報告書
2.全国支隊長訓練テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から