日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

グライダーパイロットノート

 事業名 滑空機安全教育研修
 団体名 日本グライダークラブ 注目度注目度5


2.飛行機曳航

(1)飛行機曳航の理論
水平曳航中の場合

146-1.gif

水平曳航中の諸力のつりあいは、3−69図のようになる。この図でわかるように。グライダーを引く力はTとなり。TはT=Dなので、機体の全備重量のL/D分の1である。すなわち、

146-2.gif

したがって、ブラニック程度の複座機を500〜600?sとすると、L/Dは20〜25となり、Tはおよそ20〜30kgの範囲になる。

 

上昇曳航中の場合
上昇曳航中の諸力のつりあいは、3−70図のようになる。この図でわかるように、機速100〜120?q/h,上昇速度2.5〜3m/sとすると、その比率は約30m/s対3m/sとなり、結局10:1である。したがって、図中の全備重量Wの飛行方向の分力W0は、Wと上昇角の比であるので、W1/10となり、約50〜60kg程度である。
曳航機にとって必要とされる曳航力は、D+WDであり、結局は70〜85kg程度のものである。

146-3.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
197位
(29,202成果物中)

成果物アクセス数
53,964

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月14日

関連する他の成果物

1.「滑空機安全教育研修」の報告書
2.全国支隊長訓練テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から