日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

グライダーパイロットノート

 事業名 滑空機安全教育研修
 団体名 日本グライダークラブ 注目度注目度5


 

4. 目測(目安)

基本になる考え方
前述した飛行コースの説明の中に、目安(目測)ということばがときどき出てくるが、それについて誤解のないように、ここで説明しておく。
飛行している自機の一部を利用して、自機の着陸する地点を事前に正確に知ることを、目安といっている。この目安、グライダーにおける目測は、グライダーの操縦技術の中で重要な部分とされている。突発的な事故、野外着陸はもちろんのこと、平常の練習飛行においても、常に重要な部分である。
動力付の航空機だと、時間をかけて地上の状況を充分調べ、よく準備して着陸コースに進入することができ、また、目測の判定等の不具合のときには、再び上昇してやり直すことができる。しかし、グライダーではそれはできない。時々刻々と高度は下がり、調査や心の準備なしに着陸コースに進入せざるを得ないので、飛行機よりもはるかに多くのむずかしさを含んでいる。従来の目測では、自機の一部を利用せず、練習中の着陸回数の増加によって、習慣的に機械的に、地上目標を頼りに場周飛行を行ったようである。それで自然のうちに感を養成し、たとえば2−54図のように、飛行場の着陸コース付近の地形や、高い樹木・電柱・鉄塔等を補助的な目安としたのが普通の練習方法であった。
このような方法での練習は、その飛行場だけに通用するもので、他の場所にはほとんど通用しない。特に、野外着陸の場合には、ぜんぜん役に立たないと
考えてよい。
別の例としては、凹凸のある地形または2−55図のような盆地・台地や傾斜面での野外着陸の際の目測は非常にむずかしく、熟練者でも時には失敗する。それは先にも述

073-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
197位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
54,212

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.「滑空機安全教育研修」の報告書
2.全国支隊長訓練テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から