日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

グライダーパイロットノート

 事業名 滑空機安全教育研修
 団体名 日本グライダークラブ 注目度注目度5


 

3.場周飛行

 

場周コースでは、左図のような瞬間が重要で、その前後にいろいろ問題が含まれている。以下、これについて詳細に述べてみよう。
初心者が、ある程度直線飛行と旋回飛行などができるようになると、場周飛行に移る。これは目安(目測)と接地操作が主体で、単独飛行のころには、他の操作も、当然うまくなってくる。
単独飛行をするためにいちばんむずかしいのは、最後の接地操作で、練習回数が重要な役割を果たす。すなわち、接地操作をくり返すことにより、自然に安全な操作ができるようになる。
また。逆に考えてみると、この接地操作が完成することは、場周コース上でのいろいろの操作も安全にできるように上達することができると考えられる。したがって、指導者は、場周飛行の課目の最初の段階から、この接地操作を指導しなければならない。MGで飛んだり、ウインチ曳航や飛行機曳航で行っても、同様なところに重点を置いておけば、自然に単独飛行の技術。に達する。
もっとも能率的な方法は、MGでtouch and goをくり返すことが最適である。しかし、そうかといって、数多く連続してくり返してもむだで、だいたい1回の練習飛行で4〜5回のtouch and goが限度である。午前、午後にわたる場合には、数時間の休憩時間をおいて実施したほうがよい。
この課程と理論的な内容を充分に頭に入れて練習すると、効果的に身につくと同時に、時間がたっても、その技倆はあまり低下しない。接地操作についても同様であるし、また、MGだけの課程は無理で、最後の仕上げにはグライダーを使用しなければならない。

057-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
197位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
53,969

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.「滑空機安全教育研修」の報告書
2.全国支隊長訓練テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から