日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

グライダーパイロットノート

 事業名 滑空機安全教育研修
 団体名 日本グライダークラブ 注目度注目度5


 

2.旋回飛行

 

旋回飛行の操作練習
まず、15°程度のバンクの持続を行なう。そのときには、下図のように姿勢を保持する。aの長さを変化することにより、速度が変化するのはもちろんのことであるが、直列の座席の機体では、機体の中央の位置が規準になり、また、並列の座席の場合には、自己の座席の正面が規準となる。
aの長さとθの角度だけを保持していると、方向舵を中立の状態のままでいると、自然に機首を振り始め、自然に旋回飛行となる。しかし、aとθとを維持することになれるまで、しばらくの間、その状態を続ける。
この練習も、水平飛行の課目がある程度完了していないと、なかなかむずかしい。

 

049-1.gif

直列座席と並列座席の違い

 

次に、上記の操作がある程度反射的に行なえるようになったならば、次には機体の横滑りを直すことである。それには、まず、次の図に注目してほしい。
2−15図は、ボールゲージのボールの動きで、滑りの方向と度合を示したものである。また、風防の外部に、小さい吹き流しを取り付けても、横滑りを簡単に判別することができる。次の図のように、水平線の傾斜に関係なく、常にB

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
197位
(29,202成果物中)

成果物アクセス数
53,964

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月14日

関連する他の成果物

1.「滑空機安全教育研修」の報告書
2.全国支隊長訓練テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から