日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

グライダーパイロットノート

 事業名 滑空機安全教育研修
 団体名 日本グライダークラブ 注目度注目度5


 

1. はじめに

1. パイロットに必要な要素

本書は、グライダーやモーターグライダーの操縦練習をする人たち、また、それを指導する人たちのために、かねがね念頭にあったものを、なんとか順序立てて、まとめてみたものである。内容としては、目次のように、グランドマナーから野外飛行・競技飛行の範囲にまでわたっている。
まず、冒頭で強調することは、日本人の適性の問題である。グライダースポーツは、腕力とか足の力のような体力を必要とするスポーツではなく、むしろ、精神力とか知性を要求される。場合によっては、大自然との孤独の戦いも経験しなければならない。これらの諸条件を同じと考えてみると、日本人は比較的にからだが小さいということで得をしている。
からだが小さいということは、考えようによっては、グライダーの性能を向上させる重要な要素でもある。現在使用されている機体を、日本人向きの細い胴体に取り換えて見たとすれば、胴体の有害抵抗が減少して、性能は向上するはずである。なお、肉体的な問題を取り上げてみると、日本人は眼が出ているので、視界が広い。そのほか、心臓を中心とする血液の循環経路の高低差が少ないので、Gに対して強いとか、また神経反応速度が速いという特徴とか、日本人に向いたスポーツということができる。グライダースポーツは、年齢の幅も広く、たとえば世界選手権でも20〜70代の人まで出場しているのは、肉体的条件よりも、経験・技倆が優先することをものがたっている。
さてこのスポーツすなわちグライダーパイロットになろうとするものは、次の三つの要素を重視しなければならない。
第一は、技倆の向上に努力すること。
第二は、滑翔に必要なもろもろの知識の獲得に専心すること。
第三は、強靱な精神力をつちかうこと。

001-1.gif

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
197位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
54,212

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.「滑空機安全教育研修」の報告書
2.全国支隊長訓練テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から