日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

合気道講習会用テキスト

 事業名 合気道の普及振興
 団体名 合気会 注目度注目度5


 

<資料>

植芝盛平開祖道文及び言忘録(抄)
道文

合気は宇宙組織の魂のヒビキを神習うての発動である。全て宇宙の魂のヒビキで合気を実践し,無限の力を生み出していかなくてはならない。この宇宙の魂のヒビキの組織は,いかなる事をも解決する力を有している。宇宙組織の魂のヒビキというのはコトダマのことである。すーうーゆーむ。これがホノサワケの島のことである。宇宙組織の魂のヒビキは,全て宇宙に学び宇宙の中心に帰一し,宇宙と同化していなくてはならない。そして宇宙と共に進むのである。このようにして自己の体内に宇宙組織を正しく作りあげてゆくのである。宇宙組織の魂のヒビキによって,ことごとく自己の心身に吸収して結ぶのである。その延長が世界の人々の心と和するのである。即ち和と統一に結ぶのである。いうまでもなく戦争,ケンカ争いをしてはいけないのである。和と統一で結ぶ。これが合気である。世界を和と統一で結ぼうとする人を真人というが,合気は,いうなれば真人養成の道であるといえる。それで気育,智育,徳育,体育,それに常識の涵養が肝要となってくる。また宇宙組織の魂のヒビキの修業によって,自ずと自己の心の立て直しが行なわれ真の自己を造りあげるのである。つまり合気道はミソギの技であるということである。ミソギの技で常に万有愛護の大精神を鍛え,万有万神の条理を守り,自己の使命を完遂することである。そして正勝,吾勝,勝連日の精神に立った姿でなければならない。万有万神の条理は,宇宙の美わしき御振舞の貴い営みの御姿を明示する律法である。これは全て一元の本より発するものである。ゆえに宇宙の万有万神の真象をよく眺めて,それを腹中に胎臓して大いなる自己の土台となし,その成果によって開眼し,大いに合気道の修行をすることである。そして絶えず反省の心を忘れないで鍛錬向上することに精進を怠たってはならないのである。その結果は心身一如,調和した身体を生成発展さすことができるのである。合気道を修業する者は,また万有万神の条理を,武道に還元さすことが大切なこととなってくるのである。それは万有万神の条理から来る真象を眺めることである。真象を通

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
367位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
30,757

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.平成8年度青少年研修会実施について
2.「合気道の普及振興」の報告書
3.第5回世界相撲選手権大会プログラム
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から