日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

合気道講習会用テキスト

 事業名 合気道の普及振興
 団体名 合気会 注目度注目度5


 

§14.武道の必要性

(1)武道は世界に誇る国技であります。武道は日本民族の歴史とともに生成発展して来た世界に誇る心身一如の文化財であり,国民の最も愛好する運動であります。
(2)武道は,新しい日本人としての自覚への道であります。我が国の武道の振興は,戦争への道ではなく,平和への道,社会正義への道,日本民族の魂を培い日本人としての自覚を深める道であります。
(3)武道は心身の鍛錬を主として,気育,知育,徳育,体育を兼ねる人間完成への実践の行道であります。
(4)武道は自己の中にある日本を発掘する作業であります。

※新しい武道として

合気道は,身心一如の身体教育として,民族を超え,国境を超えて世界の人々を結ぶ役割を担う。

(1)高遠なる理念

(2)高度な技術性
(3)教育指導体系
○稽古の形式的条件(外円)
○稽古目標(内円)
※道歌

道歌は,合気道創始者植芝盛平翁が,合気の心を歌うため,その都度創作されたものである。数多くあるなかから一部をここに載せるので,創始者の心境を充分くみとっていただきたい。

○合気とは愛の力の本にして愛は益々栄えゆくべし
○合気とは万和合の力なりたゆまずみがけ道の人々
○声もなく心も見えず惟神神に問はれて何物もなし
○大宇宙合気の道はもろ人の光となりて世をば開かん
○美しき此の天地の御姿は主のつくりし一家なりけり
○古より文武の道は両輪と稽古の徳に身魂悟りぬ

020-1.gif

“武の心とは,他と争わずにすますことにある”

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
367位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
30,757

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.平成8年度青少年研修会実施について
2.「合気道の普及振興」の報告書
3.第5回世界相撲選手権大会プログラム
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から