日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

合気道講習会用テキスト

 事業名 合気道の普及振興
 団体名 合気会 注目度注目度5


 

◎深夜で医師に連絡がつかないときは119番に連絡して,指示を受ける。
※頭を打ったとき

まず安静に。頭を打っていても,むかつき,嘔吐,意識障害などがなければあまり心配はありません。もし,むかつき嘔吐があれば頭部は水平に,顔を横に向けて寝かせ,必ず医師に連絡を。たべものは与えず,水分程度とする。頭痛があるからといって鎮痛剤は飲まないこと。

※骨折

外見では,骨折しているかどうかがわからないときで,痛みやはれがとれないときは,患部を動かさないように固定し,レントゲン検査を受ける。折れた骨が皮膚からとび出しているような時には,おおまかに汚れを落としたのち骨を無理に押し込んだりせず,厚めに包帯でつつみ副木で固定する。たとえば手足の場合,副木は傷口をさけて関節から関節までを縛る。痛みやはれがひどいときは,冷水かほう酸水で冷湿布し医師に連絡する。

※打ち身・ねんざ(捻挫)
患部を安静にして冷湿布する。痛みが強いときは医師へ。2〜3日後,痛みとはれがひいたら温湿布や温浴をする。
※脱臼(関節がはずれた状態)

脱臼をしたと思われるときは,患部を動かさないよう注意し冷湿布を行ない。ただちに医師へ。たいていは簡単に整復できる。

※つき指

すぐ起こる変形のほか,数時間以内に出血のためはれがひどくなることがある。骨折や脱臼をしていることもあるから,安静にして冷湿布し医師にみてもらう。

※こむらがえり(筋肉のケイレン)

安静にしてケイレンを起こしている筋肉を引き伸ばすようにする。あたためて軽くマッサージするのもよい。

※目を突いたり打ったとき

安静にして清潔なタオルで目を冷やしながら病院へ。まぶたに傷があるときは清潔なガーゼでおおい,油紙かビニールの上から冷やす。氷を直接のせたり重い氷のうをのせないこと。

“稽古で護身とは,まずケガのないこと”

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
360位
(35,506成果物中)

成果物アクセス数
32,790

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年1月28日

関連する他の成果物

1.平成8年度青少年研修会実施について
2.「合気道の普及振興」の報告書
3.第5回世界相撲選手権大会プログラム
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から