日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

合気道講習会用テキスト

 事業名 合気道の普及振興
 団体名 合気会 注目度注目度5


 

§11.きびしさとは

とかく安易に流れがちな人間の甘さを克服し,いかなる苦難をも切り抜け得る気概を養うことは個人としても,また社会としても大切なことである。
そのためにはやはり”きびしさ”を経なくてはならないわけで,どうしても鍛錬(きたえる)ということがなければなりません。真剣な態度で,一所懸命稽古することが必要です。
※きびしさの三要素
1.問題を持つ(何のためにきたえるのか,どういう目的できたえるか)
2.情熱が必要(静かな落着いた,不退転なもの)
3.行為に没頭すること(そのものになりきるということ)
※鍛錬とは(自分の心身を実際の的にして稽古修行すること)
※過重負荷の原理
各人の体力の可能性の限界にまで運動量の負荷を与える。
(1)実現に時間がかかる。
(2)努力の一定の蓄積量がある。
(3)克服すべき,程よき逆境が必要。
(4)社会的グループの中で訓練され発揮される。(みんなと共に行なう)
※鍛錬の要件
(1)自発性(やる気)
(2)持統性(くりかえす)
(3)計画性(目的を定めて)
(4)技術性(よりすぐれた技を追求)
※「廃用性萎縮」の原則
身体は使わなければ退化し,適当に使えば発達する。
※修行の鉄則

015-1.gif

※行とは→くりかえされた力
※「守」「破」「離」
●”千日の稽古を鍛とし,萬日の稽古を錬とす。”(修行に卒業なし)
●”古人の跡を求めず,古人の求めたる所を求めよ。”

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
367位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
30,757

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.平成8年度青少年研修会実施について
2.「合気道の普及振興」の報告書
3.第5回世界相撲選手権大会プログラム
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から